日本光電の有名なAEDの価格について。

日本光電といえば、カルジオライフAEDが有名です。名前を聞いてもピンとこないかもしれませんが、物を見れば知ってるはずですし、どこかで一度は見たことがある人が多くいるのではないでしょうか。この日本光電という会社はとても凄い会社で、歴史はとても長く1951年頃からの設立で今も、脳波計や心電計、ピースメーカと医療機器の販売や開発を行っている会社なのですが、医療に国境はないということで、世界の120ヵ国以上の国に技術の提供や商品の輸出もしているそうです。有名なこの医療機器の価格ですが、カルジオライフAED2100というのが358、000円でバッテリーが36、000円で、パッドが6、800円です。それよりも上のものになると、音声だけでなく図でも確認しながらできるものでカルジオライフAED2150というもので、それになると463、000円にバッテリーとパッドが同じく36、000円と6、800円です。

日本光電のAEDの価格

医療電子機器メーカーとして有名な、日本光電ですが、一般人には、まったくと言っていいほど、認知度が少ない会社ではないでしょうか。最近では、駅や、公的施設などにも設置が増えてきている、心臓の機能に不都合が生じて、突然苦しみ、心停止なまで至った人に対しまして、応急処置を施す機会である、AEDや、心臓機能に問題を抱える人に使用する、ペースメーカーという維持装置の機器などを製造開発していることでお馴染みの会社のようです。個人的に購入するような内容の機器ではないので、知らない人がいて当然です。それでも、価格などを調べてみると、ピンからキリで、ネット通販などでも、入手が出来るようなので、少し意外に感じました。おおよそ、30万から50万位の幅があるようです。そして、ネット通販であれば、若干安くなっているものも、あるようです。

日本光電でのAEDのリース価格

日本光電で製造されたAEDを販売またはレンタルするのが可能であるのは言うまでもなく、リースという形を取って使用するのが可能な医療機器関係のカンパニーが実在しています。日本光電の場合、機器を販売しているカンパニーなどで受け付けているとされていて、あらかじめ申し込みの書類を提出すればリースで使用するのが可能となります。別のカンパニーでは問い合わせた後に、審査を行なって通れば契約するのが可能となっています。価格に関して、リースという形で使用するとかなり安く済ませられます。レンタルだと1ヶ月あたりで3万円以上かかるのに対し、リースになると1ヶ月あたりで5千円台で済ませられるカンパニーがあり、リースのほうがお得です。なので、何年かにわたって使用するのを考えている場合はリースという形で使用するのが勧められます。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)